ペニス増大ポンプ「パワーゲージ」の使い方やミスターハイとの比較

ミスターハイとパワーゲージの比較

ペニス増大ポンプといえば、これまで電動式のミスターハイが有名でした。
国産で信頼できそうなものと言えば、逆にこれしかなかったくらいです。
そこへ2012年に手動式のパワーゲージが加わりました。

このページではペニス増大ポンプを買おうと思ってるけど、
【1】 電動タイプのミスターハイ と、 【2】 手動タイプのパワーゲージ
どちらがいいか分からない〜という方のために、両者の比較データをまとめます。

※ミスターハイの販売は終了しました。


パワーゲージ

ミスターハイ
価格
最少セットの場合
18,090円 (セット3.8) 30,480円 (Sセット)
タイプ 手動 電動
乾電池、ACアダプタ、自動車車載電源の3電源に対応
陰圧 最大-600mmHg 最大-270mmHg ±30mmHg
静か 電気マッサージ器並み
シリンダー 6サイズ
内径38mm、41mm、44mm、47mm、50mm、55mm
3サイズ
内径45mm、50mm、65mm
総合評価

ペニス増大ポンプのミスターハイとパワーゲージ、
両者のおもな相違点はこれくらいでしょうか。


陰圧はパワーゲージの方が強いが、評価は互角

「 陰圧 」 に関しては手動のパワーゲージの方が最大値が大きいですね。
ただ、単に強く引けばよいというわけでもないですし、
そもそも最善な陰圧を考えたうえでミスターハイは設計されているので、
吸引力の面ではどちらも文句なしでしょう。 つまり双方互角です。


電動のミスターハイは楽ちん

タイプに関しては好みがあるかと思いますが、電動式のミスターハイの方が楽ちんではあります。
ただしパワーゲージも、圧力レバー1回のポンピングでかなり吸引できるので、そんなに大変じゃないです。これは好き嫌いによるでしょうか。で、



もっとも注目すべきポイントなんですが、
それは 「 音 」「 シリンダーサイズ 」 です。


パワーゲージは静か、ミスターハイは動作音あり

音に関してはミスターハイは電動ポンプですから、
どうしても振動音があります。
改良を重ねて以前よりはだいぶ静かになったようですが、
それでも電動マッサージ器くらいの音が出ます。

夜中静かな時に、ふすま一枚隔てて隣の部屋で家族が寝てる・・・

なんていう状況ですと、
ミスターハイの音は気になると思います。

いっぽうパワーゲージは手動ですから、グリップを握るたびに 「 シュコッ、シュコッ 」、
っという音がしますが、静かなものです。


6サイズのシリンダーから選べるパワーゲージに軍配

つぎのシリンダーサイズ。
増大ポンプを使うときは、チンコにかぶせるシリンダーの大きさが超重要だ
という話をしましたが、ミスターハイの場合、最小のSシリンダーでも 内径45ミリ です。

フグを最小限に抑えて効率よく引っ張れる大きさが、
フル勃起時のペニス幅プラス2〜3ミリですから、そうしますと、
ペニスの幅が42ミリ以下だと吸引の効率が落ちるほか、
伸びる方に引けずに横ばっかりで、どうしても 「 フグりやすい 」 ということになってしまうわけです。


ペニスが細くて4センチもないよ・・・、という方はいっぱいいるでしょうし、その点を対応したのがパワーゲージといえますね。シリンダー、38ミリ幅からありますから。

ということで、音を気にせずに、最善のシリンダーサイズで鍛錬したいなら、パワーゲージの方に軍配が上がるでしょう。


ただ、一人暮らしで音を気にする必要もないし、
現在のペニスの幅が42mmより大きいのであれば ( 羨ましい〜 )
特許取得済みの電動式ペニス増大ポンプ 「 ミスターハイ 」 という選択ももちろんありです。
そういう方はS ( 内径45ミリ ) もしくはMシリンダー ( 内径50ミリ ) を使って、
バンバン吸引しちゃってください!

パワーゲージとミスターハイの公式サイトはコチラ