ペニス増大ポンプ「パワーゲージ」の使い方やミスターハイとの比較

シリンダーの選び方が重要です

パワーゲージの買い方のポイントを説明します。
増大ポンプ本体は、好き嫌いで 「 白 」「 黒 」、気に入った方を選びましょう。
ちなみに私が買ったのは黒です。

で・・・、もっとも重要なのはシリンダーです。

これはマジで大事です。
よく海外製の増大ポンプを見かけますが、あれが日本人向けではない一番の理由が、
「 シリンダーのサイズ 」 です。

とにかくデカすぎるんですね。
ペニスの太さが4センチの人が、内径6センチのシリンダーとか、
フグるだけでハッキリ言って効果ありませんから。

増大ポンプの吸引力うんぬんのまえに、
シリンダーが自分のペニスサイズに合っていないと、
意味がありません。

ノギスを使ってペニスの幅を正確に計測する

ですから、自分の現時点での戦闘力 ( ペニスサイズ ) を超正確に計測しましょう。
それには 「 ノギス 」 を使います。
( ※スカウターより正確に測れます。 )

 

← こんなやつです。

 

 

100均などでも売ってるので、持ってない人は今すぐダ○ソーさんにダッシュしてください(笑)。

 

 

 

ノギスをゲットしたら、さっそくチンコを勃起させます。

 

もう完全フル勃起です!
エロ本やアダルト動画を使って、ペニスをMAX状態にしてください。

 

← もうパンパンだぜ〜というその瞬間に、
ノギスを使ってペニスを測ります。
測る部分は 【1】 亀頭部分 と、 【2】 竿部分 の2箇所。

 

 

そのうちの 「 太い方 」 の幅を基準値とします。
かりに亀頭部分が38ミリで、竿の部分が32ミリだったとすれば、
38mmが 「 基準のペニス幅 」 になります。

 

 

チンチンより 「 チョットだけ大きい 」 シリンダーが最適です

パワーゲージのシリンダーは、
「 38mm、41mm、44mm、47mm、50mm、55mm 」 の6サイズあります。

 

 

1本目の理想は2〜3ミリ大きいシリンダー

ここで、まず1本目に選びたいのは、
ペニス幅より2〜3ミリ大きいサイズのシリンダー です。
ミリ単位のレベルなので、シビアに選びます。

 

[ ペニスの幅が38mmなら、1本目は・・・ ]
今回の例の場合ですと、38ミリ足す2〜3ミリで、40〜41ミリなので、 ( 38 + 2〜3 = 40〜41 )
41mmのシリンダー がベストということになります。

 

このくらい正確にシリンダーを選ぶことで、
フグるのを最小限におさえて、しかもペニスを長くする方に引っ張れます。

 

つまり、太さと長さ、
両方トレーニングできるということです。

 

2本目の理想は3〜6ミリ大きいシリンダー

しばらくはこの1本だけでも十分ですが、
太くする鍛錬をもっと効果的にやりたい場合は、
さらにペニス幅より3〜6ミリ大きいサイズのシリンダー を使うといいです。

 

[ ペニスの幅が38mmなら、2本目は・・・ ]
38ミリ足す3〜6ミリで、41〜44ミリなので、 ( 38 + 3〜6 = 41〜44 )
44mmのシリンダー が最適です。

 

ですのでペニス幅が38ミリの場合は、シリンダー1本購入なら41ミリ、
2本購入なら41ミリと44ミリのセットが最適ということになります。

 

0.03Mpaからスタート!ムリせず継続が重要なパワーゲージの使い方